昨今における中国人労働者の受け入れ目的

日本の外国人労働者受入の基本的な論点は、経済産業省のレポートによると、以下の4つの理由を上げられます。
@労働力人口の維持:現在の生産年齢人口を2030年時点でも維持するためには、単純計算で1,800万人の外国人労働者が必要である。
そのためには、国内のシニア層再就職、女性就職支援と、世界の労働力市場=中国、インド、アセアンなどの海外から人材を入れる方法しかない。

A産業の発展、構造転換、国内治安、国内労働市場への影響。

B外国人労働者受入に伴う社会コスト?国内労働者市場への影響。

C高度な外国人材及び優秀な留学生の獲得の緊急性等を目的として、その制度的な整備の必要性が叫ばれている。
上記を踏まえ、日本は多くの外国人労働者(特に中国人)を雇用することで、経営を国際的な習慣に近づけ、日本と中国という二つの市場を理解する従業員を育成している。
外国人労働者の雇用により、コスト削減を実現する。
これは東京の商店やレストランだけではなく、自動車・電子産業等の製造業にも当てはまると思います。

なぜ彼らの仕事、働き口が増えたのか?
それは現在の日本は高齢化、少子化によって労働力の低下が著しく現状を維持するのが困難になりつつあることが原因の一つに挙げられています。

そこで簡単に労働力を確保するために外国人労働者の受け入れ口を広げて、今までと同じクオリティの確保を目的とする職種も増えてきてるみたいですね